×

【パンと、ひとさら。】vol.8 バゲット ジャポネーズ × ブルスケッタ

パンと、ひとさら。8回目は  バゲット ジャポネーズ × ブルスケッタ です。

シニフィアンシニフィエ定番のバゲット、バゲットジャポネーズは3種の北海道産小麦をブレンドしています。
自家製のホップ種など、3種類の酵母をかけあわせ、低温で約18時間ほど、ゆっくりと時間をとって発酵させています。
国産小麦、そして麹など日本人には馴染みのある材料もはいり、親しみやすい味わい。
今回はそのバゲットジャポネーズを使ってブルスケッタを作ります。
軽くソテーしたトマトに、味付けは発酵種にも使っている麹を使った塩麹で。
このお料理はぜひ温かい出来たてをお召し上がりください。

作り方です。
まずバゲットのカットした両面ににんにくをこすりつけ、香りを付けたらカリッとするまでトーストします。

次にトッピングの準備です。

紫玉ねぎはみじん切りにして氷水にさらし、シャキッとさせましょう。後でペーパーなどで水分をしっかり取ります。
イタリアンパセリは粗みじん切りに。

そしてフライパンにオリーブオイル、先ほど使ったにんにくをつぶし入れ火にかけます。ここでじっくりとにんにくの香りをオイルに移します。

その間にトマトをカットします。トマトはミディトマトを使いますがプチトマトでもいいです。
へたを取り、1/6くらいの大きさにカットしましょう。
そこへトマトを入れ、水分を飛ばすようにフライパンをゆすりながら中火でさっとソテーします。

ボウルに、ソテーしたトマト、紫玉ねぎ、イタリアンパセリ、塩麹、黒胡椒を入れ、軽く和えます。

お皿に並べたバゲットに先ほどのトマトなどをのせ、仕上げにパルミジャーノレッジャーノ、レモンの皮を上に散らして出来上がりです。


ブルスケッタ
バゲットジャポネーズ 4カット分

材料

ミディトマト … 3個
紫玉ねぎ(みじん切り) … 大さじ3
イタリアンパセリ(粗みじん切り) … 大さじ1
にんにく … 1/2個

オリーブオイル … 小さじ2
塩麹 … 小さじ1/2
黒胡椒 … 少々

<仕上げ> 
レモンの皮
パルミジャーノレッジャーノ 


recipe & photo

大場裕子 yuko oba
山形在住。

大学卒業後、志賀シェフのもと東京丸の内 ユーハイム、世田谷 シニフィアン・シニフィエで4年勤務。
その後渡仏し、2店舗の三ツ星レストランで計5年パティシエ部門で勤務。
現在は山形でパンとお菓子の教室、オンラインレッスンを運営。

instagram @yukoba___